NTTのひかり電話・光電話からの国際電話のかけ方

NTT ひかり電話 光電話 国際電話のかけ方

NTTのひかり電話で国際電話をかける方法

 このページはNTTのひかり電話を使って、国際電話をかける方法を掲載しています。
 NTTのひかり電話以外をご利用の場合には、左のメニューから使用しているひかり電話の会社をクリックしてください。

はじめに国コード・国番号を調べます

 はじめに、電話をかける相手の国コード・国番号を調べます。
 相手側が固定電話であっても、ファックスであっても、携帯電話であってもこの国コードは必要となります。
 調べ方は上のメニューに表示されている国コードをクリックすると国コードを調べるページが表示されます。
 国コードでよく使われるのは以下の国コード・国番号です。
 アメリカ、ハワイ、グアム 1
 中国   86
 イギリス 44
 韓国   82
 タイ   66

相手が固定電話の場合

 相手が固定電話、ファックス(fax)の場合には以下の順で発信します。
 010−相手国コード−相手の電話番号から先頭の0(ゼロ)を外した番号

 先頭にある010は国際電話を発信する時のプレフィックスコードという番号でこの番号010は日本から発信する専用の番号です。
 また相手の市外局番にあたる部分については先頭の0(ゼロ)は発信しません。たとえば市外局番が0345だとすると345と発信します。
例:
 アメリカの固定電話0123-456-7890宛に光電話を使って電話をする。
 アメリカ宛なので国コードは1になります。
  010−1−123−456−7890
  アメリカ以外の国宛の場合には国コード部分を相手の国コードにすれば発信できます。

相手が携帯電話の場合には

 相手側が海外の携帯電話であっても固定電話と同じ方法となります。
 010−相手国コード−先頭の0(ゼロ)を外した携帯電話番号
 ただし、中国で携帯電話番号の先頭が0(ゼロ)以外の番号のものがあるようです。その場合にはその先頭の番号を外さずに発信します。

NTTひかり電話の国際電話通話料金

 NTTひかり電話の国際電話通話料金は、相手先国によって変わります。課金単位は1分間単位です(課金単位は通話料金の算出時間となります。例えば1分5秒で通話が終わったとしても、実際の通話課金時間は2分となり2分間の通話料金が請求されます)。
 尚、相手先が固定電話であってもファックスであっても、携帯電話であっても料金体系は同じです。
 NTTひかり電話の国際電話通話料金体系はこちらをクリックすれば参照できます。

NTTひかり電話で国際電話をかけられなくするには

 意図的に国際電話をかけられなくする場合にはフリーダイヤル0120-116116に電話をかけて依頼します。国際電話発信不許可依頼の詳細はこちらをクリックしてください。
 また、「国際電話不取扱受付センター」に連絡し、「国際電話利用契約の利用休止申込書」を出すことでも、ダイヤル直通方式の国際電話は利用できなくなります。
 国際電話不取り扱い受付センターの連絡先はフリーダイヤル0120-210364 (取扱:平日9時〜17時)なので直接お問い合わせください。

NTTひかり電話で国際電話関連へのLink先

 NTTのホームページからひかり電話で国際電話関連へのリンク
 Q.国際電話のかけ方はどうなりますか?
 Q.国番号はどこを見ればわかりますか?
 Q.国際電話にかけられないようにするにはどうすればいいですか?
 Q.国際電話に発信または、着信ができない場合はどこに問い合わせしたらいいですか?
 Q.各国への国際電話料金はいくらですか?
 Q.海外の携帯電話への通話料はいくらですか?
 Q.接続できない国や事業者はありますか?
 Q.国際電話のサービスに関する問い合わせはどこにしたらいいですか?

ひかり電話 サブメニュー

トピックス NTTのひかり電話にしたら001での発信ができない